活動趣旨

mbscolor

mit Ball=ボールを手に

mit Spass=歓びを胸に

「東北げんKIDS!プロジェクト」の第一弾としてスタートするのが、サッカーを中心とした活動「Mit Ball Spass(ミット・バル・シュパース)」です。

プロジェクトの発端は、元浦和レッズの監督、ゲルト・エンゲルス氏。ドイツに拠点をおくNPO団体Auf Ballhöheによる、アフリカ諸国でのサッカー教育活動をモデルに展開します。活動にあたっては、Auf Ballhöheに加え、ドイツサッカー協会も全面的にサポートします。


ドイツから、トップクラスのサッカーコーチが来日します。

ドイツサッカー協会とAut Ballhöheの協力のもと、トップクラスのサッカーコーチ陣から成るドイツ派遣チームが被災地を訪問。放課後や週末を利用して、子どもたちを対象にサッカー教室を開催します。

サッカーだけでなく、地域コミュニティとの交流を図ります。

派遣チームは、ホームステイや民宿を利用して、地域住民とともに生活を共有。サッカー指導のほか、仮設住宅や養護施設の訪問や、レクリエーション活動にも積極的にも参加し、地域コミュニティとの密な文化交流を図ります。

一過性のイベントで終わらせるのではなく、長期継続的な活動をめざします。

1か月をひとつの単位=1タームとして、東北3県に点在する被災地を拠点に活動。各タームごとに後続チームが来日し、先着チームの活動を引き継ぎます。こうしたサイクルで、1年間にわたって活動を続けてゆきます。

最終ゴールは「完全復興宣言」です。

本プロジェクトの活動は、1年間で幕を閉じるものではありません。2年、3年、、、10年、20年と継続し、最終的には、地域復興が完成するまで継続します。

発起人であるエンゲルス氏も参加します。

スケジュールが許す限りにおいてではありますが、できるだけ来日して派遣チームと合流し、サッカー教室での指導を中心に参加します。

運営主体


特定非営利活動法人 Zukunft Lokal (ツークンフトロカール)

設立 2013年3月
所在地 福島県いわき市常磐白鳥町北蟹打33番地
http://www.zukunftlokal.com
理事長 大田原 邦彦 (公益財団法人日本体育協会公認アシスタントマネジャー)
主な事業内容
  • ・健康増進・スポーツ振興を目的とするイベントの開催
  • ・子育て支援を目的とするイベントや講演会の開催
  • ・スポーツクラブの運営事業
  • ・スポーツに関する選手・指導者派遣事業
  • ・スポーツに関する指導者養成事業
  • ・スポーツに関わる団体の育成・支援事業
  • ・健康の維持、コミュニティ復興を目的とする被災者支援事業
  • ・スポーツ留学の企画、斡旋事業
  • ・3・11被災地復興支援事業
活動実績
  • ・2011年12月 ゲルト・エンゲルス氏の呼びかけによる、日独少年交流活動を実施子どもサッカー選手10名・指導者2名からなるチームをドイツへ送る
  • ・2014年6月 君津市・他2都市で、総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会設立
  • ・2013年~ 総合型地域スポーツクラブ「常磐シュポルツフェライネ」を創立・自主運営

発案


ゲルト・エンゲルス氏

news_icon_l_2945_3
1957年4月26日生まれ。ドイツ・ブンデスリーガで選手としてプレイする傍ら、指導者として各地で経験を積む。

1993年、Jリーグ設立時の横浜フリューゲルスにてコーチをつとめ、1998年からは監督に就任。

2004年からは浦和レッズの監督をつとめ、年間優勝やAFCチャンピオンズリーグ優勝へチームを導いた。
現在はモザンビーク代表チーム監督。

協力・後援団体一覧


協力団体
後援
  • 外務省
  • 文部科学省
  • 福島県、いわき市、石川町、白河市、南相馬市
  • 岩手県、盛岡市、宮古市
  • 宮城県、塩竈市
  • いわき市社会福祉協議会 各社会福祉協議会

協力団体のご紹介


Auf Ballhöhe~空高く跳ぶボールに思いをのせて~

auf 1996年、Mathias Eiles(マティアス・アイレス)氏によって創立された、ドイツ・ベルリンに拠点をおくNPO法人。南アフリカとドイツ間の文化交流を中心に、異文化間における若手アスリート間の相互理解・交流・国際的視野の養成を目的とし、 2004年より本格的に活動を開始。Eiles氏がドイツサッカー協会の職員であることから、同協会から多大な支援を受け活動している。 

 ドイツから若手選手や指導者をアフリカに派遣し、アフリカ現地でサッカーを中心としたイベントを企画運営。スポーツ活動を通して、子どもたちの自立性や社会的責任、知的競争力を高めるとともに、地域住民による社会活動への積極的参加を呼びかけ、コミュニティ全体の活性化にも貢献する。またスポーツ関連のイベントの他、障害をもった子どもたちを対象に文化的ワークショップを開催。生涯学習・技術の習得を支援する。

 2008年より、アフリカ大陸最大のユース・サッカー・リーグを設立。現在も規模を拡大しながら、継続活動中。近年ではアフリカに限らず、アメリカ合衆国でも活動場所を広げている。